読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろあったけど、僕は元気です

日々思うことや興味のあることを好きに書いてます

夢日記:その1

夢日記
場所は現代の日本、見ず知らずの町が舞台
墨田区江東区辺りの下町っぽい雰囲気
通勤か通学をしているボク
通勤途中に駄菓子屋から出てくる弟を発見
弟と一緒に公園で休憩したりしながら、町外れに移動
 
すると街の雰囲気は一気に変わり街ですらなく
岩がむき出しになった荒れ果てた荒野に
そこにはドラゴンボールに出てくるような大猿またはキングコングのような
生物が5,6匹、傷だらけで倒れており、血も吹き出している
誰がこんなことしたのだろうと思いながら歩き続けると
大猿のボスが登場し戦うことに
自分の手にはなぜか金色に輝く短剣のようなものを持っており
特に苦労することなく倒すことが出来た
ゲームの一面クリアのような感じになり
地面からエレベーターの入り口のような建物が登場
外観は海外にある古いレトロ調のエレベーターの様な見た目
↓の様な感じ

f:id:fbscp092:20170311130542j:plain

中に入るとエレベーターが降りて行き
ラスベガスの様なカジノ、ショーパブ等が一体化したような複合施設に到着
雰囲気は50年代か60年代かと思われ、
high&lowのようなゲームをプレイし見事賞金獲得
そして突然ドラマティックになり
うれしさのあまり長い廊下を走り抜けてガッツポーズをして終了
 
 
なぐり書きで申し訳ないがひさびさにリアルな夢だったので。
夢日記を書き続けると頭おかしくなるとか言われてるが
すでに狂ってるので問題なし。
これからも記録用として書き留めておこうと思う。
 
広告を非表示にする